Thursday, July 02, 2015

KAE MORII TRANSLATES MY AWARD-WINNING 'SPIRITUAL FLICKERS' AND OTHER TANKA AND HAIKU INTO JAPANESE



精神のひらめき

季節の陰謀に
苦労して歩くと
人生は神という虚しい一言と
祈る者の救いのない叫びに
不実であることが分かる

私は願う
時間の束縛から
仕事と眠りの儀式から
解放され
自然のリズムで生きたいと願う
今の俳句を広げながら

祈りの敷布の上で
ヴァジュラサン*をして
上げた両手は
神に届かず―
祈りはあまりにも長く
冬の夜もまた長い

心は創る
それ自身の喜びを抑えて
ひとつの緑の思想を
ベンガル菩提樹**の影に
明滅する欲望の影に

私は彼女を知ることができない
その体や肌や曲線美を
その香りは
希望を歌った聖歌のように
そして、何も答えがなく、
欺く。

未だ知られず
その魂は
自身の仕事によって
秘匿されている
その精神の渇き、闘争、
眠れない沈黙、余りに多く。


彼女の鼻の向こうで
見えないものを
彼は瞑想する
そして、ブッダが見たものを見る。
私たちに涙しながら

その鏡は
岸辺に残る私の足跡を飲み込む
私は波を責められない
雁が頭上を飛び
その影が遙か彼方に動いてゆく

澱んだ排水、塵、泥を通る
寺には無用
サターンの黒い背中
ある閉ざされた囲い込みのなかで
ある悩まされた帰依者のなかで

天使ミカエルの黄金の翼の下で
逃げ場を探しながら
今、
一人の祈る者が
雲のなかの月に呟く。

それほど面白くもないー
寒い夜、ぜいぜいと咳き込み、
孤独なクリスマス。
爽やかに始まる新年もなく、
静かな場所もない。

*古代ヨガ、正座。
**ヒンドゥー教の聖木。気根が垂れ、土に根づいて根冠を支える。

 SPIRITUAL FLICKERS


Plodding  away at
season’s conspiracies
life has proved untrue
with God an empty word
and prayers helpless cries

I wish I could live
nature’s  rhythm free from
bondage of clock-time
rituals of work and sleep-
expanding haiku present

on the prayer mat
the hands raised in vajrasan
couldn’t contact God—
the prayer was too long and
the winter night still longer



the mind creates
withdrawn to its own pleasures
a green thought
behind the banyan tree
behind the flickering lust



I can’t know her
from the body, skin or curve:
the perfume cheats
like the sacred hymns chanted
in hope, and there’s no answer


unknowable
the soul's pursuit hidden
by its own works:
the spirit’s thirst, the strife
the restless silence, too much



unable to see
beyond the nose he says
he meditates
and sees visions of Buddha
weeping for us


the mirror swallowed
my footprints on the shore
I couldn’t blame the waves
the geese kept flying over head      
the shadows kept moving afar


the lane to temple
through foul drain, dust, and mud:
black back of Saturn
in a locked enclosure
a harassed devotee


seeking shelter
under the golden wings
of Angel Michael
a prayer away now
whispers the moon in cloud


not much fun—
cold night, asthmatic cough
and lonely Christmas:
no quiet place within
no fresh start for the New Year


涙ぐむ秘密などなく

水の鏡面に
降り積もった塵は
目立った沁みをつくる
私は何度も掃くが、まだ、
その汚れは罪のように残っている。

家がない時
あなたの心の籠のなかに、
避難所を探して
あなたの乳首で見ようと目を閉じる
太陽から助けるために育てられた木

あなたの髪の森のなかで
わたしの指は
小さな、血の真珠を探す。
隠れた水をかき回して
私を不安にさせる

この狂った人々は
沈み方を知らない
憤る水に
渦巻き浮き上がり
ぐるぐる回っても戯れることなく

波を見ながら
彼と一緒に彼女は一人の天使を作る
憂鬱な浜辺の
緑の海藻と消えゆく白い泡を
じっと見つめて

彼らは水やボートの中で
月を隠すことができなかったが
今、空から月の光にきらめく魚たち。
私は彼らの知恵と微笑みを見る
私の竿と力を与えたから




彼女の目のなかの唇

そして、口のなかの長い時間

私たちの間には
湿った秘密などなく
今、互いに背後を見せている

彼女の予言はすべて
実現することができた
私の心に映ることを書くために 
彼女に支払った手数料
私が人生で実現することができなかった
夢を

肌の皺は
時が過ぎたことを私に知らせる。
毎年、さよならを波打ち、
気持ちを新たにして
遠くを旅した。

ちっぽけな家と天蓋のテントの
違いを感じながら
ヤヌナの土手で
罪を洗うクンブ―川の氾濫

黒と白の印で
その肌にある蟻の巣
木は、より高く
太陽と月とハロゲンの幾何学により
輝きながら、成長する。

私の声
秋のように茶色く
鼻のなかで押しつぶされ
彩り豊かに過ぎた日々を理解できずに
埋まっている
 


一頭の雲の鷲が
霞へと曲線を描く
西で
無音の
海に浮かぶ帆を切りながら

天国は
一つになる、わくわくする処。
魚の妻と
岸辺の玉石に隠れて

泡立つ波が
彼女の外陰を刺激する前に
一匹の海月(くらげ)
恥じらう彼女の股を通り過ぎた
海は新しい歌を囁いた


NO MOIST SECRETS


Layers of dust thicken
on the mirror water makes
 
the smuts prominent:       
I wipe and wipe and yet
the stains stay like sin


when I have no home
I seek refuge in the cage
of your heart and close
my eyes to see with your nipples
the tree that cared to save from sun


in the forest of your hair
my finger searches
the little pearl of blood
that stirs the hidden waters
and contains my restlessness

crazy these people
don't know how to go down
with the swirl and up
with the whirl but play
in the raging water

watching the waves
with him she makes an angle
in contemplation:
green weed and white foam break
on the beach with falling mood

they couldn't hide the moon
in water or boat but now
fish moonlight from sky:


I watch their wisdom and smile   
why I lent my rod and bait



the lips in her eyes
and long hours in the mouth--
no moist secrets
between us to reveal:
now our backs to each other

all her predictions
could come true had I paid her
the fees for writing
psychic reflections on dreams
I failed to realize in life





wrinkles on the skin
remind me of time's passage
year by year travelled
long distances renewing
spirit and waving goodbye

 feeling the difference
between a tin house and
a weather proof tent:
on the Yamuna's bank
Kumbh deluge to wash sins

with black and white marks
and nest of ants on its skin
the tree grows taller
shining through the geometry
of sun, moon and halogen

my voice
brown like autumn


crushed in noises I can't        
understand days pass in colors
buried

a cloud-eagle
curves to the haze
in the west
skimming the sail
on soundless sea 

heaven is
the frisson of union
with fishwife
behind the boulders
on sea beach

before the foamy
water could sting her vulva
a jellyfish passed
through the crotch making her shy --
the sea whispered a new song


戦後-連句

庭にくる夜の爆弾 死の白さ
ハゲワシが餌食の残りをじっと待つ
風穴と月の白さに血も凍え
廃墟にて彼女の写真探す夜

格子窓立ちて眺める影の闇
星々の闇を見つめる悟りかな
彼の息子の電話待ち聞く阿鼻休閑
死者が呼ぶ声聞く未明の重き瞼
その(ひと)のベッドで携帯一人鳴らす
独り行く虚しい影で商店街
時が過ぎ路ゆく人の惨めな顔
戦争の拭えぬ涙で丘に立つ
湖の安らぎ纏う岩に坐す
閉じた戸を通る足音あの(ひと)
無限遠と悟り退いたひとつの島
心鎮め闇の空白に平和願う
黙して神意もつ者内に育つ
 
 


POST-WAR: A Haiku Sequence

Night bombing
leaves the garden
white as death


vultures waiting
for the leftovers
of the sacrifice


whiteness of the moon
and rocks howl with the wind--
fear in the veins


in the ruins
searching her photo:
evening


in the diary
searching phone numbers of
friends now alive



standing behind
the window bars observes
darkness in shapes


watching
the darkness between the stars
enlightenment

awaits his son's
phone call from the border:
dogs and cats wail

a dead voice
calling up at dawn:
drowsy eyes


alone
on her bed rings
the cell phone


going alone
an empty shadow
in the mall


crowded streets
moving among the years
wretched faces


shell-shocked or frozen
he stands in tears on hilltop
craving nirvana


unmoved by the wind
he sits on a rock wearing
peace of the lake


hearing heaviness
of her footsteps passing
the closed door


withdrawn within
sensing infinity
an island


searching peace
in the dark blankness
of mind’s silence


in silence
one with the divine will
growing within


母よ

私が彼女の
顔の皺に答えるように
私の眼の中の真紅の輝きに
彼女が
一つの静寂な海の内側にいる
神聖な匂いを感じる

部屋には
いつも彼女の気配があり
私の心の底に
静かに話しかけるのを
感じる

一つの海のように
彼女が自分自身に呻くのは
彼女の最後の瞬間
押し寄せる波が
彼女を覆い被さるように

愛は彼女の体から
溢れ
比喩のように―
私は
彼女の輝く気配に
導かれていく

私は彼女の両手を握りしめ
彼女の動脈に
どっと流れる血を
感じる
チューリップの沈黙のなかで

彼女の空っぽの目が
表すこの町
薄暗く、湿って、ぼんやりとして、
管弦楽で気管支の雑音を演じて
揺れる その顔のなかで


MOTHER                        

As I repose in
the wrinkles of her face
I feel her crimson
glow in my eyes her holy
scent inside a sea of peace


the room has her
presence every minute
I feel she speaks
in my deep
silently


is it her quietus
that she roars in herself
like a sea
waves upon waves
leaps upon herself


love is the efflux
from her body spreading
parabolic hue—
enlightens the self I merge


in her glowing presence

I clasp her hands
and feel the blood
running savagely
through her arteries
in tulip silence


her vacant eyes
reveal this city:
dim, humid, absent-minded
orchestrating bronchial noises
quakes in the face



  Kae Morii, is a renowned Japanese Poetess of Peace and Harmony, Member of Japanse Poets Club, Life Member of World Academy of Arts and Culture, Life Member of IWA, and awarded several literary prizes.